過疎地で子育て

小規模校のPTA・子ども会役員、過疎地からの中学受験など。

【因果応報】モンペの顛末③会社員のSさん【自業自得】

ご訪問ありがとうございます。

 

ニュースや書籍で取り上げられる「PTAの記事」「中学受験の記事」というのは、

大規模校や都市部の様子が中心ですね。

でも、地方に行くと事情が違う!!

 

「PTAや子ども会への参加が必須」だし、

中学受験事情も都会とは違います。

私立中は県内に2~3校だけ。

中学受験対応の塾は県庁所在地にしかない(遠くて通えない)

入試シーズンは11月~12月です。

 

このブログでは

「PTAや子ども会から逃げることができず、

中学受験する家庭も周囲に皆無の

ド田舎・小規模校・過疎地・へき地」

で子育て中の皆様に向けた文章を書いていきたいと思います。

 

はてさて。

今日は

困った保護者シリーズ

モンペの顛末③会社員のSさん

について書きたいと思います。

 

Sさん(女性)はウチの地区に住む、会社員の方です。

年齢は40代。

県外(わりと都会)からうちの農村に嫁いできました。

ウチの小規模小学校に下の子が在学中。

上の子は高校生なので、

保護者歴が長いです。

 

Sさんは、

ウチの農村の人・学校・子ども会を

すっごく見下している人です。

自分が一番正しい!

田舎の奴らに私の考えを教えてやる!!!って感じの人。

 

 

地域や学校やPTA,子ども会で

何か自分の気に入らないことがあるとすぐ怒ります。

感情のアップダウンがひどい。

 

「だから田舎はダメなの!」

「こんなの私の地元(わりと都会)じゃありえない」

「この村の人たちってバカじゃないの」

という言葉から始まり、

マシンガントークで他の保護者や先生、役員をダメ出し「口撃」するのです。

相手の年齢が何歳でも関係なし。

町会の集会で60代~70代の人達にも「口撃」していましたから。

 

トークが始まったら誰にも止められない。

銃撃が止むのを静かに待つだけです。

 

そして、

基本的に他の人の意見にOKを出すことがない。

常に文句を言いたい感じです。

止められないし、

止めようとするとさらにヒートアップして食って掛かるので、

結局

「ハイハイ」って彼女の意見を呑むことになります。

 

前述のMさんと似ていますね。

 

oroshitomato.hatenablog.com

 

 

話し出すと止まらず、

相手が露骨に嫌がっていても

気にせずに「口撃」を続けます。

 

多分、

気質の中に

ADHDがあるのではないかと思うんだけど。

 


www.youtube.com

 

 

Sさんは現在どうなったでしょうか。

次回に続きます。

 

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ にほんブログ村 その他生活ブログ 自治会・町内会・子供会へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

ド田舎過疎地でも買い物ができる幸せ。Amazon愛してる

 

役員活動で減った所得をポイ活で補ってます・・・ その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス