過疎地で子育て

小規模校のPTA・子ども会役員、過疎地からの中学受験など。

【因果応報】モンペの顛末⑥農家の嫁のAさん【自業自得】

ご訪問ありがとうございます。

 

ニュースや書籍で取り上げられる「PTAの記事」「中学受験の記事」というのは、

大規模校や都市部の様子が中心ですね。

でも、地方に行くと事情が違う!!

 

「PTAや子ども会への参加が必須」だし、

中学受験事情も都会とは違います。

私立中は県内に2~3校だけ。

中学受験対応の塾は県庁所在地にしかない(遠くて通えない)

入試シーズンは11月~12月です。

 

このブログでは

「PTAや子ども会から逃げることができず、

中学受験する家庭も周囲に皆無の

ド田舎・小規模校・過疎地・へき地」

で子育て中の皆様に向けた文章を書いていきたいと思います。

 

はてさて。

今日は

困った保護者シリーズ

モンペの顛末⑥農家の嫁のAさん

の続きを書きたいと思います。

 

一見すると、

いつも笑顔で働き者のAさん。

でも

絶対にPTAや子ども会の役員はやらない。

地域や学校のためになっても、

一円ももらえない仕事は一切やりません。

 

これでPTAや子ども会の役員をやってくれたら本当に良いお母さんなのですが・・・

f:id:oroshitomato:20211129175858p:plain

 

Aさんのその後

①上の子が心の病になった

現在17歳のお子さんがいるのですが、

小学校高学年、中学校・・・と年齢が上がるにつれメンタルを病んでしまいました。

 

 

②下の子がゲーム依存症で不登校

現在中学生の下の子はゲーム依存症。

昼夜逆転生活をしています。

中学校はもう2年くらい通っていません。

 

 

③一家離散

Aさんと夫は離婚。

夫とAさんと上の子は折り合いが悪く、絶縁状態。

下の子も同様。

下の子は祖父母と暮らしているようです。

Aさんもどこに住んで何をしているか不明。

 

 

PTAや子ども会役員は

一円にもならないし、

はっきり言って

面倒な仕事だと思います。

 

でも、

小規模校や過疎地では

全ての保護者が協力しあわないと組織が回らない。

「助け合い&お互い様」の心が大事。

 

親が面倒ごとから逃げていては、

子どもも面倒なこと(通学や学習など)から

楽の方(ゲームや遊び)へ逃げてしまうと思います。

 

そんなことを書いているワタシは、

もうPTAも子ども会役員もやる気ありませんが

(地元公立中PTA&子ども会役員回避のために中学受験させるくらいですので)

13年も役員を務めたので

もう十分でしょ

って思っています。

 

 

 

 

 

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ にほんブログ村 その他生活ブログ 自治会・町内会・子供会へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

ド田舎過疎地でも買い物ができる幸せ。Amazon愛してる

 

役員活動で減った所得をポイ活で補ってます・・・ その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス