過疎地で子育て

小規模校のPTA・子ども会役員、過疎地からの中学受験など。

田舎のまったり中受・算数(基礎)の先取り②

ご訪問ありがとうございます。

 

ニュースや書籍で取り上げられる「PTAの記事」「中学受験の記事」というのは、

大規模校や都市部の様子が中心ですね。

でも、地方に行くと事情が違う!!

 

「PTAや子ども会への参加が必須」だし、

中学受験事情も都会とは違います。

私立中は県内に2~3校だけ。

中学受験対応の塾は県庁所在地にしかない(遠くて通えない)

入試シーズンは11月~12月です。

 

このブログでは

「PTAや子ども会から逃げることができず、

中学受験する家庭も周囲に皆無の

ド田舎・小規模校・過疎地・へき地」

で子育て中の皆様に向けた文章を書いていきたいと思います。

 

はてさて。

今日は

田舎のまったり中学受験

「算数の先取り②」

について書きたいと思います。

 

 

「習熟プリント4年生」で教科書レベルを一通り学習した後、

次にどんな教材をやれば良いのかわからない

という問題が発生。

 

 

そこで手を出したのが

予習シリーズ。

 

県内の通学可能範囲に難関校が無い

という理由もあって、

とりあえず基礎的な問題、練習問題だけを何度かやりました。

 

小3の2月頃?~7月末までやっておりました。

一応、国語と理科・社会もやりました。

我が家は親塾(親が教える)なので、

ワタシも勉強しましたよ。

あと並行して

スタサプやYouTubeを活用して

その単元の動画を見せたりしてました。

 

約半年近く予習シリーズ(の基本的な問題のみ)をやっていたわけですが、

テキストを終える頃には、

学校の算数の授業がべらぼうに簡単に感じる

ようになり、

子どもも学習の成果を実感するようになりました。

 

 

 

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ にほんブログ村 その他生活ブログ 自治会・町内会・子供会へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

ド田舎過疎地でも買い物ができる幸せ。Amazon愛してる

 

役員活動で減った所得をポイ活で補ってます・・・ その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス